お見合いの特徴

Entry Image

5%がお見合い結婚

”お見合い”と聞くと親や親戚または知人から相手を紹介され、正装してホテルや料亭で「本日はお日柄もよく…」で始まるイメージがあります。最近ではお見合いサイトなどもありますが、このように昔ながらのお見合いは数が減ったものの存在し、その成婚率はとても高いです。

現代は出会いの場が多く自分で結婚相手を探すことの方が多く、お見合いは身近なものではなりつつあります。しかし実際は女性の社会進出や晩婚化で「結婚したい!」と慌てて相手を探す人も多い時代です。真剣に結婚相手を探している人にとって、成婚率の高いお見合いはぜひ持ってきてほしい”良い話”ですよね?今回は「どうやったらお見合いができるのか」そしてお見合いで大切なマナーをまとめてみました。まずあなたが、結婚したいと思うならばお見合い相手を紹介してくれる人(仲人)を探しましょう。親、親戚、知り合いなどに声をかけ、人脈をフル活用することが大切です。

しかし昔は多くいたのに現代では仲人さんはレアな存在です。その証拠に2010年の国勢調査ではお見合いして結婚した人は全体の5.2%と、20人に1人という割合です。成婚率が高いはずなのにこの結果になったということは、お見合いそのものが少なくなっているからと考えられます。過去の調査結果をみると1980年は29.4%と3人に1人、1995年には9.7%と10人に1人、見事に急な右下がりになっています。両親の世代には多くいた仲人さんもいまは争奪戦です。運よく仲人さんを見つけたら実際にお見合いです。どんなことに注意したら良いでしょうか。


★ 管理人おすすめサイト~お見合い~
「お見合い相手を紹介してくれる人」を自力で探すことは非常に難しいですよね。そのため、今では結婚相談所の専門スタッフが仲人となってお見合いに参加する人も増えているようです。こちらの結婚相談所は仲介型の一つで、データマッチングからサポートしてくれますので理想のお相手を一緒に探すことが出来ます ⇒ 結婚相談所